俺と自転車の全て。

俺氏がロードバイクを買ってからの全ての記録





【ロードバイク初ライド!】奥多摩湖ルート

【ロードバイクの初ライド!】奥多摩湖ルート

ロードバイクでの初ライドは、奥多摩湖に行ってまいりました!

奥多摩湖ルート

奥多摩湖は、クロスバイク時代にも足を運んでいたので、道は分かっています。

 

TIAGRAのポテンシャルは?

このロードバイクは、フルTIAGRAです。

「ロードバイクは105から」なんて言葉が自転車界には存在し、以下のグレードはダメだと言われたりもするんですが、お金がないならしょうがないじゃないですか。

で、105の一つ下のグレードにあたるTIAGRAの性能はどんなもんじゃということが気になるワケです。

 

他のグレードは、一通りイベントやら試乗会やらで乗ってきているので、私の中では、それが基準点を作っています。

 

変速性能

コレが一番大事ですねぇ。

TIAGRAの段数は2×10となっています。

このロードバイクは、フロントがコンパクト(50-39T)で、リアが11-28Tという構成。

ギア比的には、無難なトコロを突いていますね。

 

リアの変速性能は、105との差はあまり見受けられません。

レバーの重たさやストロークなどは、確かに105に劣ってはいるものの、その差はわずかのように思います。

 

フロントの変速は重いですが、これは紐コンポに一貫して言えることなのでジャッジが微妙なトコロ…

105と変わんないんじゃない?

ULTEGRAとは確実に違います。

独断と偏見で性能差を見るならば…

DURA>>>>>ULTEGRA>>>105>TIAGRA>>SORA>CLARIS

みたいな?

それぞれ、使った際の条件が異なりますので微妙なトコロですが、TIAGRAはモデルチェンジしてから大きく105に近づいている印象があります。

ま、次の105のモデルチェンジで大きく引き離されるでしょうが…

 

まとめると、不満はなし。

十分に実用に耐え得るレベルです。

 

ブレーキ性能

これも大切。

制動装置に命を預けているようなもんですからね。

TIAGRAのブレーキは、他の方々がネット上で言っているように効きが悪いです。

平地は平気なんですが、ダウンヒルの際には、下ハンドルでブレーキングをしてもスルスルと流れて行ってしまいます。

長い下り坂だと、握力が心配ですね。

ココだけは、105以上に上げた方が安心できそうです。

105とULTEGRAの価格差がさほどないため、変えるんだったらULTEGRAかなぁ…なんて思ったり(´ω`*)

 

カーボンでも乗り味は硬め

このロードバイクはフルカーボンフレームですが、結構硬いです。

海外のレビューを見てみても「カーボンだけど硬めでレーシー」なんて書いてあります。

フレームサイズが小さいことも相まって、余計硬い…

それでもアルミよりは柔らかいので、カーボンの衝撃吸収性の良さを感じ取ることができた…のかな?

そこは、サドルやタイヤ、ホイールなどのフレーム以外の要素が関わってくるので何とも言えませんね。

 

ハンドルがしっくりこない

よく言われるのはサドルが合わないという事ですが、このサドルは私は現段階では気に入っています。

お尻が前後にツルツルと動きますが、座る位置を変えながら走っていく私には合っているようです。

問題は、ハンドルです。

ハンドルがしっくりこない

ちょっと、このハンドル、良く分からない…(;'∀')

ブラケットと面一になっているかと言えば、そうではないし、下ハンが握りやすいかと言ったらそういうワケでもない…

形状からしてアナトミックに分類されると思いますが、私にはあっていないようですねぇ…

あるいは、バーをしゃくってるのが合ってないのかも?

ハンドルバーはそのうち変えるかもしれません。

 

あとがき

慣れない姿勢、未完成のポジション、1年近くのブランクなど色々あり、メチャ疲れました(笑)

少しずつ慣れていきましょう。



Copyright © 2016-2017 俺と自転車の全て。 All Rights Reserved.