俺と自転車の全て。

俺氏がロードバイクを買ってからの全ての記録





【2017】新年、明けましておめでとうございます。

元旦

2017年が始まりました。

新年、明けましておめでとうございますm(__)m

今年もよろしくお願いいたします。

2017年の幕開けです!

和暦だと「平成29年」です。

今上天皇のご意向がいつ頃、どういった形で結末を迎えるのか…

「平成」という言葉を使うと、色々考えさせられますね。

私は平成生まれです。

平成以外の元号を経験したことがありません。

なので、元号が変わるってどんな感じなんだろうなぁと思ったりもします。

 

まあ、そんなこと考えたって仕方ないので、今年の話をしていきましょう。

 

今年の抱負

自転車のブログなので、基本自転車の話しかしません。

自転車以外の抱負は、メインブログにて発言しております。

www.kasyainu.com

まあ、そんな宣伝を入れておいて…(笑)

  • ロードバイクを買う!
  • このブログの本公開をする!

まずは、スタート地点に立つというトコロから。

始まりの年です。

 

現在、クロスバイクは持っているもののロードバイクを持っていません。

それでも、峠挑んだり何百キロも走ったりと、もはやロードバイク扱いのクロスバイクライフを送っていました。

家族の理解が得られない、かつバイトも出来ずお金がない中高生にある典型的な「クロスバイクで速くなってやろう」という、謎の方向に進んでいました。

ロードバイクに対する憧れや劣等感からくる迷改造で用途不明なロードバイク的クロスバイクに走るアレです。

 

ですが、ロードバイク的クロスバイクは、街乗り仕様に改めます。

んで、ロードバイクを買うのです!

ロングライドが好きですが、レースにも出てみたいので、カーボン&105以上で軽量なロードが欲しい…(~_~メ)

ええ、買いますよ。

自転車生誕200周年の今年に!!

今は昔、1817年にドイツのカール・フォン・ドライス男爵によって、ドライジーネが発明された。

ドライジーネとは、木製の2輪車で、車輪の間にあるサドルに跨り、ハンドルバーで前輪を操作しながら地面をけって進む乗り物である。

当時は最速15km/hで走った。

現在、自転車練習法として知られている「バランスバイク」と原理的には同じである。

ドライジーネ

当時の発行物

画像:『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。

URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/ドライジーネ

厳密には、自転車ではなく「自転車の原型」ですが、1817年を自転車元年としましょう。

そんな年に、ロードバイクライフを始めるのです。

因みに、(蒸気)自動車の開発(最高時速10km/h)は1769年なので、意外にも自動車よりも自転車の歴史の方が半世紀ほど薄いんですね。

 

2つ目の抱負が、このブログに関してですね。

このブログは、構築途中の仮公開です。

詳しくは、別記事で話していますので、リンクにて省略させていただきます。

www.kasyainuetvelo.com

本公開は、今年の4月頃~を予定しています。

詳細な日時は、決定していません。

まだ、やることが沢山あります。

  • メインブログからの必要な過去記事のリライト&ページ移行
  • 不足している情報の記事の充填
  • デザインの調整

などなど…

これらの作業が完了し、なおかつ、ロードバイクが私の手元にやってきたら、そこが本公開のタイミングです。

100日後辺りになるのかな?

 

今年もよろしくお願いします。

昨年は12月1日に仮公開をスタートしました。

自転車無しの自転車ブログという謎の仕様ですが、ブログを見てくれる方がいるという事に喜びを感じています。

この初心を忘れず、精進して参りたい所存でございます。

 

このお正月記事を、2017年の年初めに見てくれる方は少ないと思います。

だって、読者にとって無価値だから。

自転車持ってない自転車ブログの管理人の新春挨拶なんて、面白くもなんともないでしょ?

ここまで、しっかり読んでくれたあなたは、かしゃいぬのファンかよっぽどの変わり者です!(∩´∀`)∩

 

じゃあ、なんで書いてるかって?

それは、何年もたって「自転車のかしゃいぬ」という顔が広く知れ渡って人気が出た時に、見返してみると面白いからですよ(^ω^)

裏を返せば、こういう記事は時間がたたないと価値が生まれないってワケ。

 

それでは!

今年一年、良い年でありますようにっ!

 

これからも、当ブログ当ブログ管理人かしゃいぬをよろしくお願いします!



Copyright © 2016-2017 俺と自転車の全て。 All Rights Reserved.