俺と自転車の全て。

俺氏がロードバイクを買ってからの全ての記録





【eTrex20の日本語化】メニューを日本語化する方法

言語変更

 

※当記事ではeTrex20を扱っていますが、後継モデルのeTrex20xも同じ工程で日本語化できます。

※その他のeTrexシリーズ・GAEMIN製GPSにも通ずるモノもありますので、参考にしていただけたら幸いです。

※日本語化の作業にはパソコンを用いる為、簡単なパソコンの知識が必要になります。分からいものは検索し、調べながら進めていく事をオススメします。が、不明点がある場合は、この記事の一番下にあります「コメントを書く」でお気軽にご質問をお書きください。確認次第ココの記事のコメントで出来る限りの回答させていただきます。

今回いじっていくeTrex20のレビュー記事はコチラです↓

www.kasyainuetvelo.com

GARMIN(ガーミン) Etrex 20 英語版 並行輸入品

GARMIN(ガーミン) Etrex 20 英語版 並行輸入品

 

 

海外版のeTrex20は、日本語に対応していません。

ですが、どうしても日本語を表示させたい場合は、日本語化する方法があるのです!

日本語化といっても、大きく2つに分かれます。

・メニューの日本語化

・地図の日本語化

今回は、上の「メニューの日本語化」について取り上げようと思います。

 

地図の日本語化はコチラ!

www.kasyainuetvelo.com

 

大まかな流れはコチラ。

  1. PCに接続する
  2. バックアップをとる
  3. 必要なファイルをネットから落とす
  4. 本体に落としたファイルを入れる
  5. 言語設定を日本語に変更
  6. 完成!

では、順序立てて説明していきますね。

付属のUSBケーブルでPCに接続

まずはデフォルトの状態を確認。

デフォルトの状態

▲メニュー配置の順番だけ変更しています。

見事に英語です。

 

PCにつなげると「Garmin eTrex 20」として認識されます。

先ずは、バックアップをしましょう。コレが重要です。

初期状態の中身を別に保存しておきます。コレが重要。コレが重要です!

デフォルトのファイル

何もいじっていない「eTrex20」の中のデータをPCにコピーしておきましょう。

 

必要なファイルの準備

用意するものは2つ。

追記 2017/03/13

現在、2つあるリンクの内、下のページが表示されないトラブルが発生しています。

いいよねっとに問い合わせたトコロ、ページ移動の為表示さて無くなっているのだとか。

救済方法を頂戴いたしましたので、表示しておきます。

eTrex10の場合…

iiyonet.jp/software/etrex10J_280.zip

eTrex20、30の場合…

iiyonet.jp/software/etrex20_30J_250.zip

こちらをクリックすることによりダウンロードされます。

 

この2つをゲットしたら、進めていきましょう。

 

ダウンロードしたファイルの解凍

「nuvi200_TWN_450.exe」

このファイルは、右クリックで「展開」もしくは「解凍」という文字を探してください。なかったらPC側の調整が必要です。ちょっと下にあるフリーソフトを入れてみてください。

exeファイルですが、普通に実行しても意味がありません。エラーが出て終わります。

  • 「nuvi200_TWN_450」というフォルダが出たらOK。

 

解凍できずにお困りの方

もし、解凍できない場合は、コチラのフリーソフトをオススメします。

forest.watch.impress.co.jp

「ラプラス」という、圧縮・変換ソフトです。フリーソフトなので当然無料です。

様々な拡張子に対応しているので、今回以外にも何かと助かることの多いソフトです。

 

「etrex20_30J_240.zip」

このファイルは、右クリックで普通に「展開」もしくは「解凍」をします。

  • 「etrex20_30J_240」というフォルダが出たらOK。

 

必要なファイルを取り出し、名前を変更

「nuvi200_TWN_450」

取り出す

フォルダはこのように突き進んでください。

nuvi200_TWN_450 > nuvi200_TWN > Garmin > ExtData > 006-D1053-64.bin

「nuvi200_TWN_450」の中身

「006-D1053-64.bin」を取り出します。どこでもいいですが、デスクトップとか置いておくと分かりやすいです。

 

名前の変更

「006-D1053-64.bin」を「006-D0952-06.bin」に変更します。

そしたら、とりあえず置いときましょう。

 

「etrex20_30j_240」

取り出す

フォルダはこのように突き進んでください。

etrex20_30J_240 > etrex20_30J_240 > Japanese.gtt

「etrex20_30j_240」の中身

「Japanese.gtt」を取り出します。

 

内容の変更

メモ帳(テキストエディタ)を起動します。そこに「Japanese.gtt」をドラック&ドロップで入れます。

または、「Japanese.gtt」を右クリックから「送る」で「メモ帳」です。

「日本語」から「Lapanese」へ変更

5行目の「日本語」を「Japanese」に変更します。

後はいじらず、保存して閉じます。

  • この時点で「006-D0952-06.bin」と「Japanese.gtt」の準備が整いました。

 

eTrexに転送する

もう一度確認します。無着手の状態のeTrex内のデータはバックアップをしましたか?これから先は本体内部をいじるので、安心して作業できます。

接続したeTrexに今作った2つのファイルを入れていきます。

 

「006-D0952-06.bin」

本体のフォルダはこのように進んでください。

Garmin eTrex 20 > Garmin > ExtData

ココに「006-D00952-06.bin」を入れます。

上書きしてください。同じ名前のファイルがありますが上書きです。

 

「Japanese.gtt」

本体のフォルダはこのように進んでください。

Garmin eTrex 20 > Garmin > Text

ココに「Japanese.gtt」を入れます。

コチラは元から入っていないので入れるだけ。

 

  • 以上でパソコンでの作業は完了です。eTrexは外してください。

 

eTrexで日本語に設定変更

起動させるとまだ変わっていないのが正解です。日本語に変わってなくて大丈夫です。

操作順を言っていきます。

「Setup」を選択。

「Setup」

▲メニュー配置の順番だけ変更しているので、デフォルトとは異なっています。

 「System」を選択。

「System」

 

「Language」を選択。

「Language」

 

一番下に「Japanese」があるはずですので、それを選択。

「Japanese」

この時点で「Japanese」がない場合はどこかでミスっています。作業を見直してみてください。

 

完成!

上手くいくと…

日本語化完成!

無事、メニューの日本語化は完了です。

 

ここで、注意したいのが「地図は日本語になっていない」という事。

今回の操作ではメニューの日本語化のみを行いました。

地図の日本語化はまた別のお話です。

www.kasyainuetvelo.com

 

あとがき

この作業を行うだけで、大分扱いやすくなったと思います。

普通に英語を勉強していても、こういった類の英語は専門用語が多いですからね…

割とあっさりできてしまったので、ホッとしました(*‘ω‘ *)

なお、日本語表示は出来ても日本語入力はどうあがいても素人ではできませんので、あきらめましょう。

PCで日本語入力した物を表示する事は可能なので、コレで頑張ります。

 

以上、eTrex20のメニュー日本語化でした。

www.kasyainuetvelo.com

www.kasyainuetvelo.com



Copyright © 2016-2017 俺と自転車の全て。 All Rights Reserved.