俺と自転車の全て。

俺氏がロードバイクを買ってからの全ての記録





【eTrex20の日本語化】マップを日本語化する方法(OMSの導入)

マップを日本語化する方法(OMSの導入)

※当記事ではeTrex20を扱っています。後継モデルのeTrex20xは同じ工程で日本語化出来ない場合があります。(ページ最後参照)

※その他のeTrexシリーズ・GAEMIN製GPSにも通ずるモノもありますので、参考にしていただけたら幸いです。

※日本語化の作業にはパソコンを用いる為、簡単なパソコンの知識が必要になります。分からいものは検索し、調べながら進めていく事をオススメします。が、不明点がある場合は、この記事の一番下にあります「コメントを書く」でお気軽にご質問をお書きください。確認次第ココの記事のコメントで出来る限りの回答させていただきます。

今回いじっていくeTrex20のレビュー記事はコチラです↓

www.kasyainuetvelo.com

GARMIN(ガーミン) Etrex 20 英語版 並行輸入品

GARMIN(ガーミン) Etrex 20 英語版 並行輸入品

 

海外版のeTrex20は、日本語に対応していません。

ですが、どうしても日本語を表示させたい場合は、日本語化する方法があるのです!

日本語化といっても、大きく2つに分かれます。

・メニューの日本語化

・地図の日本語化

以前、メニューの日本語化に成功しています。

www.kasyainuetvelo.com

今回は、「地図の日本語化」についてご紹介しようと思います。

 

大まかな流れは以下の通りです。

  1. 必要なファイルをネットから落とす
  2. SDカードに落としたファイルを入れる
  3. SDカードを本体に入れる
  4. 地図選択で変更したマップファイルに変更
  5. 完成!

ぶっちゃけ、メニューの日本語化よりも簡単です。

本体付属のマップは使い物にならない

eTrexシリーズの様なハンディGPSには、デフォルトのマップが入っています。

ただ、どうしようもないくらいに大雑把!

例として大都会東京の東京駅周辺です。

東京駅 縮尺12km 東京駅 縮尺500m

なんのこっちゃですわw(´・ω・`)

これでは、ナビも何もないですね。

詳細な地図データが欲しいところです。

お金を払えば…

GARMIN(ガーミン) 地図 日本詳細道路地図 CityNavigator Plus microSD版 【日本正規品】 1088210

GARMIN(ガーミン) 地図 日本詳細道路地図 CityNavigator Plus microSD版 【日本正規品】 1088210

 

こんなのや…

こんなのが手に入るんですが…

めっちゃ高い!

しかも、日本語版向けに作られている為、英語版で表示できるとも限らないし…

色々イジれば上手い事表示できるかもしれないけど…

日本語版のGPSを購入された方はこういうデータを買って入れれば、OKです。

高額ではありますが、車のナビデータだってそんなもんだし、何しろ絶対的に正確なマップが手に入ります。

使えるかもわからんモノに大きなお金は出したくない。

 

でも、無料で何とかする王道があるのでやっていきましょう。

日本語化すると同時に、詳細なマップが手に入るので一石二鳥の方法です!

 

OpenStreetMap

OpenStreetMap(リンクは日本向けサイト)とは世界中の人が有志で制作した地図なんだとか。誰でも編集でき、誰でも無料で利用できるのが特徴。

略称、OSM。

編集者の多い地域はより細かく、少ない地域はスカスカという弱点もありますが、自分で編集できるので、自宅周辺がスカスカなら自分で埋めちゃえます!

他の利用者にも貢献できますしね。

 

必要なファイルの準備

ネットから拾ってくるファイルは、たった一つ。

マップデータのみです。

「gmapsupp.img」

先ほど紹介したOSMを、GAEMIN向けに変換・公開をしてくださっている方がおり、そのサイトがコチラです。

osm-for-garmin.org

データの更新頻度が高く、とても感謝しています。

なんと、英語版で日本語表示をしてくれるマップデータを公開してくださっているのですから、随分と楽させてもらえますm(__)m

ページ上の「Downloads」から各言語のデータが配布されており、「高等線有」「高等線無」に分かれています。

それぞれに、二つのファイル形式「SJIS」「UFT8」があります。

 

そこの中から、日本語の「高等線無」「UTF8」のファイルをダウンロードしてください。

すると、このようなファイルを入手できます。

osm_JP_UTF8_〇〇〇〇.zip

zip形式で圧縮されていますので、解凍しましょう。

右クリックで「展開」もしくは「解凍」を選択します。

  • 「osm_JP_UFT8_(更新日付)」というフォルダの中に「gmapsupp.img」があったらOK。

 

解凍できずにお困りの方

もし、解凍できない場合は、コチラのフリーソフトをオススメします。

forest.watch.impress.co.jp

「ラプラス」という、圧縮・変換ソフトです。フリーソフトなので当然無料です。

様々な拡張子に対応しているので、今回以外にも何かと助かることの多いソフトです。

 

「高等線無」にする理由

別にどちらでもいいのですが、細かい高等線が入ると道の線とゴッチャになって見にくくなってしまうからです。

登山などの場合は、手で持ってしっかり見れるため問題ないのですが、自転車の場合は、ハンドル周りに付けて一瞬目を向ける程度が精一杯です。

余計なものは入れない方が分かりやすいですよね。

 

「UTF8」にする理由

「SJIS」と「UTF8」というのは、エンコードの形式の違いです。

これは、GPS本体が日本語版か英語版かで読み込める形式が違うのです。

英語版には「SJIS」は読み込めないため、「UTF8」を使用します。

 

microSDカードにマップデータを入れる

実際、SDカードを使用しなくても本体メモリに入れてしまえばOKなのですが、今回はSDカードに入れてみます。

用意するmicroSDカードは最低1GBのモノを用意しましょう。

なるべく転送速度の速いヤツ(Class10)を選ぶとイイですね。

因みにeTrexシリーズは、最大32GBまで読み込むことができます。

Transcend microSDHCカード 4GB Class10 (無期限保証) TS4GUSDHC10

Transcend microSDHCカード 4GB Class10 (無期限保証) TS4GUSDHC10

 

各メーカーから沢山出ています。

どれでも認識するので、値段や容量を比較して好きなのを選びましょう。

 

microSDカードの準備

準備と言ってもファイルを一つ作るだけ。

まず、用意したmicroSDカードをフォーマット(初期化)しましょう。

PCをあまり詳しくない方だと「フォーマット?初期化!?大丈夫??」と心配になることもありますが、要はSDカードを空っぽにするという事なので安心してくださいね。

 

PCに挿すと認識されるので、使用するmicroSDカードを右クリックし「フォーマット」を選択。

やれ「開始」だの「警告」だの出てきますが、心配ご無用。

全部「OK」でフォーマット完了です。

 

microSDカードの名前は何でも大丈夫です。

私は分かりやすいように「GARMIN-SD」としておきました。

っと思ったんですが、考えてみれば、他のGARMINデバイスがあったら混同しちゃいますね(^^;)

まあ、いいや。

 

microSDカードを開くと何もありませんが、そこで右クリック。

「新規作成」→「フォルダー」で「Garmin」という名前のフォルダを作ります。

「新規作成」→「フォルダー」で「Garmin」

これで、microSDカードの準備はおしまい。

  • 使用するmicroSDカードの中に「Garmin」という名前のフォルダーができればOK。

 

「gmapsupp.img」

使うのは、先ほどダウンロードした「gmapsupp.img」のみ。

自分で作成した「Garmin」という名前のフォルダーにそのまま入れます。

PC作業完了時のmicroSDカードの中

  • microSDカードの「Garmin」フォルダーに「gmapsupp.img」が入ったので、PCでの作業は終了です。

 

microSDカードをeTrexに入れる

本体を裏返します。

eTrex20の裏

D型リングを立てます。

D型リング

反時計回りに90°回転させるとフタを外すことができます。

防水性の高いフタが外れる

電池を外すと、microSDカードを挿入する部分がありますね。

電池の向こう側

金具をOPEN方向にスライドさせて(すでになってるかもしれません)、microSDカードを置きます。

挿すのではなく、置きます。

microSDカードは置くだけ

金具を倒して、LOCK側にスライドさせます。

金具でロック

装着完了!

向きに注意して電池を戻して、フタを閉めます。

 

って、こんなに丁寧な説明、必要あったのか?(;'∀')

 

eTrexで確認する

eTrex起動して「地図」を見てみましょう。

どうですか?

無事変更されていたら、作業完了です。

もし表示されなかった場合、ズームアウトしすぎて、読み込みに時間がかかっている可能性があります。

左側面の下矢印ボタンでズームしていくとすぐに読み込んで表示されるはずです。

変わっていなくても大丈夫。

もう一息です。

 

地図設定を変更する

地図表示の状態から、本体左側面の「menuボタン」を押します。

「地図設定」→「地図情報」と進みます。

または、一万最初の画面から「設定」→「地図」→「地図情報」でもOK。

「OSM NIPPON」のみを有効

画像のように「有効」「無効」を設定。

デフォルトの「Worldwide DEM Basemap,NR」と「Digital Globe」を無効にします。

今回の作業で入れた「OSM NIPPON」のみを有効にします。

設定し終わったら、再度確認。

もし表示されなかった場合、ズームアウトしすぎて、読み込みに時間がかかっている可能性があります。

左側面の下矢印ボタンでズームしていくとすぐに読み込んで表示されるはずです。

この時点で「OSM NIPPON」が存在しない場合は、どこかでミスっています。

作業を見直してみてください。

 

完成!

東京駅周辺を出してみました。

下には、改めてデフォルトを貼っておきます。

OSM 東京駅 縮尺12km OSM 東京駅 縮尺500m

デフォルト 東京駅 縮尺12km デフォルト 東京駅 縮尺500m

どうですか?

日本語表示になってますよ!

「東海道本線」となっているのは、路線ごとに事細かに表示されるためです。

ズームしていくと「東京」と表示されます。

 

あとがき

メニューを日本語化し、マップも日本語化し…

マップの日本語化は、メニュー日本語化よりも効果絶大ですよ!

メニューレベルの英語は、中学校卒業してれば、大体わかるのでイイです。

メニュー操作するときなんざ、画面ガン見しますから読める。

でも、マップのローマ字表記をチラ見で読める人ってそうそう居ないんじゃないかな?

ひらがな・カタカナ・漢字で書いてあれば、チラ見でもなんて書いてあるのか、ある程度は認識できますからね。

 

以上、eTrex20のマップ日本語化でした。

www.kasyainuetvelo.com

www.kasyainuetvelo.com

www.kasyainuetvelo.com

 

後継機モデルの「eTrex〇〇x」の場合は?

後継機モデルの証「x」がお尻に付いているモデルでは、当記事の内容では、上手く表示されない事例が確認されています。

これは、GARMINがセキュリティーシステムをバージョンアップしたためだと思われます。

解決策は、今回使用したマップデータを公開してくださっているサイトに上がっていましたので、そちらをご参照ください。

osm-for-garmin.org



Copyright © 2016-2017 俺と自転車の全て。 All Rights Reserved.