俺と自転車の全て。

俺氏がロードバイクを買ってからの全ての記録





【まずは紹介&さわり】ろんぐらいだぁす!1

自転車を題材とした漫画が少ない中で「萌え」と「自転車」を掛け合わせてしまった漫画「ろんぐらいだぁす!」の紹介をしようと思います。

公式ホームページはコチラ↓

www.ichijinsha.co.jp

 


 

前巻の記事はコチラ↓

www.kasyainuetvelo.com

 

『ろんぐらいだぁす!1』三宅 大志

運動全般が苦手な大学一年生「倉田 亜美」が、自転車を通じて成長していく、言うトコロの王道萌え漫画。ただただ、自転車がガチ仕様というだけ(じゃないか…)。

ろんぐらいだぁす!: 1 (REXコミックス)

ろんぐらいだぁす!: 1 (REXコミックス)

 

値段は¥617です。 

 

新たな登場人物

  • 主人公(ドジ)「倉田 亜美」
  • 幼馴染(しっかり)「新垣 葵」
  • 先輩(ロリ金ツイン)「西條 雛子」
  • 先輩(おっとり巨乳)「一ノ瀬 弥生」

王道キャラ構成をしっかり弁えたメインキャラクター4人が登場。

この4人を軸に物語が進んでいきます。

 

あらすじ

運動全般苦手な倉田亜美(大学1年生)は、駅前で見かけた折りたたみ自転車に一目惚れ。

あまりのかわいさに、いてもたってもいられず、その勢いのまま貯金を全額おろして、サイクルショップへ向かうのだが…。

本書裏表紙より

 

感想

第1巻という事もあり、イントロダクション的内容の強いストーリーになってました。まあ、どんな作品であれ初めに紹介をするので、セオリーを踏んだ出だしですね。

どんな絵柄にも好き嫌いがある漫画界ですが、正直きつかったかな(;´・ω・)

目がデカいのが、慣れるまでに時間がかかりました。 

 

自転車の描写がとりあえず素晴らしかった。デフォルメのキツイ登場人物と、正確無比に描かれるメカメカしい自転車とのギャップは、やはり違和感。

 

自転車の入手の流れは「貰った」だの「くれた」だの、ありがちな非現実感漂う流れではなく、お金に苦労するので、より感情移入できますね。

 

ガチでディープな自転車漫画です。

ろんぐらいだぁす!: 1 (REXコミックス)

ろんぐらいだぁす!: 1 (REXコミックス)

 

 


 

次巻の記事はコチラ↓

www.kasyainuetvelo.com



Copyright © 2016-2017 俺と自転車の全て。 All Rights Reserved.