俺と自転車の全て。

俺氏がロードバイクを買ってからの全ての記録





【自転車の描写は必見】ろんぐらいだぁす!3

ソフトな内容は終わりました。

ココからはもう自転車好きの自転車好きによる自転車好きの為の漫画です。「萌え~」をしたいだけで読むとバッサリ裏切られます。

それほどディープ。

公式ホームページはコチラ↓

www.ichijinsha.co.jp

 


 

前巻の記事はコチラ↓

www.kasyainuetvelo.com

『ろんぐらいだぁす!3』三宅 大志

ロングライドの境地に踏み入る回。コレからは、自転車好きでないと読んでいられないような内容になってくるのでご注意を(笑)

まあ、良い自転車教育本にはなるかと思います。

ろんぐらいだぁす!: 3 (REXコミックス)

ろんぐらいだぁす!: 3 (REXコミックス)

 

値段は¥620です。

 

新しい登場人物

  • 妹(一般人代表)「倉田 恵美」

日に日に自転車でおかしくなっていく姉(亜美)に心配&軽蔑の眼差しを送る一般人代表なリアクションをとります。

 

あらすじ

運動全般苦手な倉田亜美(大学1年生)は、 ついにロードバイクを購入!

幼なじみの葵、大学の先輩である雛子、弥生と一緒に週末に サイクリングを楽しんでいる。 ヤビツ峠で見かけたチームジャージ。

自分たちでも作れると知った亜美はチームジャージを作って 「みんなと一緒にフレッシュに参加してみたいです!」 と、提案してみるのだが…!?

本書裏表紙より

 

感想

もう、完全にディープ。

しかも、レース指向・ロングライド指向と派閥の分かれる自転車界の後者に絞った内容でマニアックな話をしていきます。

私みたいな、ロングライド派自転車好きには、たまらなく嬉しい作品のようです。

チームジャージを作って、イベントに出て…っと、本格的に自転車を満喫する回ですね。

 

にしても、自転車とグルメの描写には並々ならぬクオリティを感じます。

「あ、このサイコンあのメーカーだ!」とか「このディレーラーは○○か…」とか描写細かいっつーの!

 

作品内の土地は、実際に存在する場所を取り上げている為、行ったことがある地域が出ると妙にうれしくなります。

こんなことあったなぁとしみじみできます。

緻密な取材と制作への情熱、そしてセンスがないとこれはできないんじゃないかな?

デフォルメなキャラにヘルメット&アイウェアは、どうしても不自然な感じだけどね。

っというか、違和感を取るのは不可能な気がします。

ろんぐらいだぁす!: 3 (REXコミックス)

ろんぐらいだぁす!: 3 (REXコミックス)

 

 


 

次巻の記事はコチラ↓

www.kasyainuetvelo.com



Copyright © 2016-2017 俺と自転車の全て。 All Rights Reserved.