俺と自転車の全て。

俺氏がロードバイクを買ってからの全ての記録





【総勢19名!】ろんぐらいだぁす!アンソロジーコミック

アニメ化を果たした「ろんぐらいだぁす!」にアンソロジーコミックが出ました!

総勢19名のイラストや漫画が登場します。

公式ホームページはコチラ↓

www.ichijinsha.co.jp

 

『ろんぐらいだぁす!アンソロジーコミック』原作:三宅 大志

様々な絵柄で様々なストーリーを描くアンソロジーコミック。

アンソロジーとは、本来は詩集という意味。漫画なので短編集ってことですね。

ろんぐらいだぁす! アンソロジーコミッ (IDコミックス REXコミックス)

ろんぐらいだぁす! アンソロジーコミッ (IDコミックス REXコミックス)

 

値段は¥756です。 

 

概要

亜美、葵、雛子、弥生、紗希。

TEAM FORTUNAの素敵な自転車ライフ♪ 

一迅社HPより

まって、コレだけじゃ、ザックリしすぎてわからん(笑)

 

要するに、短編集です。

アニメ化の力かどうか知りませんが、多くの方がイラストや漫画を描き、まとめたものです。

 

総勢19名のメンバーを書き出していきます。

目次(って言うのかな?)

Cover Illustration
  • 三宅 大志
Illustration
  • 笹森 トモエ
  • 三宅 大志
  • もりのほん
COMIC
  • 磨伸映一郎
  • 親盛文人
  • 柳原満月
  • タカムラマサヤ
  • 森みさき
  • 鈴玉レンリ
  • バターナッツ
  • あづま笙子
  • アキヨシカズタカ
  • カタセミナミ
  • こけこっこ☆こま
  • 朝倉亮介
  • PAPA
  • 結うき。
  • 槌居
and more
  • 三宅大志

 

感想

面白かったよ?

全体的には、ディープな自転車ネタは登場せず(一人当たりのページ数から言って深くはできなさそう…)グルメや日常に振ったネタが多く出てきました。

いつもと違う作者なので、絵柄やアイデアなんかも一味違って、「漫画」というジャンルで楽しむことができました。

また、それぞれの描き方や技法、クセなどを比較するように見ることができ、「絵」として楽しむ事もできました。

まあ、描いてる作者から比べられたかぁないんでしょうけど(笑)

ある意味で、本編のストーリー性とは別次元の楽しみ方があったという事ですね。

アンソロジーの魅力は、そんなところなのかも知れませんね。

 

ろんぐらいだぁす!の本は、カバーを外すと、地の表紙にオマケ的漫画があるんですが、今回も例にもれずありました。

もちろん三宅先生が描いています。

全部中身を読み終わってから見たんですが…まあ、いつも通りの絵柄なんですよ。

なんかね、めっちゃ安心した(爆)

なんだかんだで、本家の絵柄が一番しっくりくるんだよなぁ(当たり前だけど…)

 

ってなわけで、普通に面白いアンソロジーコミックでした(*^▽^*)

ろんぐらいだぁす! アンソロジーコミッ (IDコミックス REXコミックス)

ろんぐらいだぁす! アンソロジーコミッ (IDコミックス REXコミックス)

 


Copyright © 2016-2017 俺と自転車の全て。 All Rights Reserved.