俺と自転車の全て。

俺氏がロードバイクを買ってからの全ての記録





【高光度ライトの登竜門!】GENTOS「閃355(SG-355B)」

GENTOS「閃355」

自転車で暗い夜道を走るには、ライトが必須です。

ロードバイクは速いので、ママチャリのライトなんかよりも明るいモノで照らしましょう。

安くて明るい!信頼性抜群の自転車向きのライトと言えば、オススメしたいのが、このライトです。

GENTOS「閃355(SG-355B)」

GENTOS「閃355」 パッケージ

「閃」は「せん」と読みます。ネーミングもカッコいい!(/・ω・)/

ジェントス 懐中電灯 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355B

ジェントス 懐中電灯 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355B

 

Amazonにて2,154円での購入です。


普通の生活を送っていてこのライトを手にすると「ヤバイ!明るい!」ってなります。ホントに明るいです。そこらの¥1000くらいで売っているライトなんか目じゃありません。

 

内容物

GENTOS「閃355」 内容

  • 本体(SG-355B)
  • 説明書
  • 単四電池×3
  • 取り付け台座
  • 持ち歩き用ケース
  • ストラップ

ストラップは持ち歩き用ケースの中に隠れていて、写真には写っていません。

 

スペック

  • 明るさ:100ルーメン
  • 光源タイプ:高輝度チップタイプ白色LED1灯
  • 照射距離:最大約100m
  • 稼働時間:点灯10時間 点滅22時間
  • 使用電池:単4×3本使用
  • 付属品の一覧追加:アルカリ単4乾電池×3本、ストラップ、オリジナルポーチ、パイプホルダー
  • 防滴仕様
  • 実測重量:100g(電池込み)
  • 本体サイズ:φ29×104㎜

100ルーメンは高光度ライト初心者には十分な明るさ。稼働時間も必要十分。オールナイトだって出来ちゃいます。

重量も、この部類にしては比較的軽量。

一押しポイントは、付属品の「パイプホルダー」です。

GENTOS「閃355」 パイプホルダー

ココにライトを装着するとこんな感じ。

GENTOS「閃355」 ライト装着

自転車のハンドルに装着できるので、別途購入する必要がありません。

さらに、ビーム幅を無段階調節できます。ちょっと見てみましょう。

スポットビーム(8°)

GENTOS「閃355」 スポットビーム

一番搾った状態。範囲は狭いですが、このライトの最大光度で照らすことができます。

ワイドビーム(30°)

GENTOS「閃355」 ワイドビーム

より広い範囲を照らせるのが、この状態。明るさはわずかに落ちますが、その分広範囲を照らすことができます。

 

レビュー

早速電池を入れて、お手並み拝見!

GENTOS「閃355」 電池挿入

単四電池3本で稼働します。

 

「明るい、明るい!眩しいって!」

 

明るいです。ただただ、明るいです。部屋の電気をつけてても、ハッキリと照らしている箇所が分かります。

狭い範囲を照らすスポットビームから広い範囲を照らすワイドビームまで、無段階の調節が可能です。

 


 

夜に使用してみました。

ビーム幅調節機能は、要りませんでしたね。使わないです。ずっとワイド(30°)で大丈夫。スポットとワイド、幅は変わりますが、明るさは良く分かりません。だったら、幅広の方が良いではありませんか。

 

また、照らすときは下向きに照らしましょう。遠くを照らそうと並行に付けたものなら、対向車や歩行者の目を攻撃することになります。

 

良いトコロ

お手軽価格のお役立ち。

安いライトしか使ったことがないのなら、是非ともお勧めします。

  • 安い!
  • 実用十二分の明るさ!
  • 買ってすぐ自転車に使える手軽さ!

GENTOS「閃355」 ゴツい見た目

悪いトコロ

点滅機能がありましたが、これは対向車を幻惑しかねないので使わないようにしましょう。点滅で使うには明るすぎます。

電池は充電池を使いたいですね。

  • 点滅はかえって危険!
  • 電池消費が激しい!

 

あとがき

値段も手ごろで、信頼できるGENTOS製のこのライトは、1000円クラスのライトとは比べ物にならないほどの性能を持っています。

「新たな明るさを!」と考えている人にオススメの一台です。

ジェントス 懐中電灯 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355B

ジェントス 懐中電灯 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355B

 


Copyright © 2016-2017 俺と自転車の全て。 All Rights Reserved.