俺と自転車の全て。

俺氏がロードバイクを買ってからの全ての記録





【初心者にオススメフロアポンプ】TOPEAK「JoeBlow Max HP」

TOPEAK「JoeBlow Max HP」

スポーツ自転車は仏式(フレンチ)バルブと言って、ママチャリ(英式)のポンプでは空気を入れることができません。

空気圧管理も重要なメンテナンスの一つですので、気圧メーターのある、仏式対応のフロアポンプを1つ手に入れましょう。

TOPEAK「JoeBlow Max HP」

TOPEAK「JoeBlow Max HP」 パッケージ

 お手頃価格のエントリーモデルです。

って言っても、常人からしたらめちゃくちゃ高い買い物なんですけどね(^^;)

とあるスポーツデポにて、2,990円でのお買い上げ。

 

適当に店員に相談したら、コレを進められた。

今考えれば、もう少しイイものを買っていたろうに…

 

 

…っとかね。

 

ま、良くも悪くも「エントリーモデル」です(笑)

 

スペック

  • 英式と仏式に対応する EVヘッド
  • ミッドマウントの最大160psiまで測れるダイヤルゲージ付 (英式バルブの空気圧測定はできません)
  • 最大160psiまで充填可能
  • エルゴノミック ハンドル
  • Ø25.4mm 細径スチール シリンダー
  • 140°旋回できる扱いやすいホース
  • 3点で接地する、安定性の高い大型プラスチック製 ベース
  • 米式バルブ用アダプター付属
  • ニードル付属
  • L190 x W260 x H630mm
  • 1.3kg

初心者には十分でしょう。壊れない限りは、問題なく使っていけます。

f:id:regitimate:20160712163205j:plain

シッカリしたつくりの分、保管する際に少し場所をとるかな?

レバー操作にご注意!

TOPEAK「JoeBlow Max HP」 ヘッド

ここで一つ、皆さんに気を付けてほしい初心者あるあるがあります。

フロアポンプのヘッド部分には、固定レバーがあります。画像だとちょっと見にくいですが、後ろの黄色い部分がソレです。

この固定レバーが倒れた状態が「解除」、立たせた状態が「固定」になります。例外もありますが、ほとんどがこのタイプです。

ママチャリ用だと、逆な事が多いんですね。

 

あと、高圧に耐える為に思っている以上に固いので、解除するときにバチンッ!っと指を挟まないように気を付けましょう。

 

メーター

TOPEAK「JoeBlow Max HP」 気圧メーター

スポーツ自転車において、タイヤの気圧管理は最重要メンテナンスの一つです。

このメーターで、タイヤが指定する気圧の範囲に収めましょう。

始めは、指定範囲の真ん中あたりまで入れましょう。そこから、好みの空気圧に調節していきます。

  • 高圧の場合…転がり抵抗が少ない、乗り心地が固い、グリップ力低下
  • 低圧の場合...転がり抵抗が多い、乗り心地が良い、グリップ力増加

パンクリスクを指摘する人もいますが、私はそうは思いません。指定範囲内に収めていれば、パンクリスクはすくないです。

...が、パンクするときは、どんな状態でもパンクします。するときはするのです。

 

指定空気圧の見方

タイヤの気圧指定表記

指定空気圧はタイヤに書いてあります。どんなチューブを入れていても、タイヤの表記に従ってください。

写真の場合は、見にくいですが「630-980kPa(6.3-9.8bar 90-140P.S.I.)」となっています。

 

レビュー

スポーツバイクの必需品の1つであるフロアポンプ。

しかし、自転車以外にも使用できるのが嬉しいですね。

TOPEAK「JoeBlow Max HP」 アダプタ

足元を見て頂ければ分かるかと思いますが、ボールや浮き輪などを膨らませられるアダプタが付属しています。

高圧に対応し、楽に空気が入れられるように設計されたポロアポンプなので、色んなものに空気が入れやすい!

ママチャリ用のプラスチックのポンプとは比べ物にならないほどシッカリと空気を入れることができました。

 

良いトコロ

お金かけたくないけど、とりあえずフロアポンプが必要!なんて方にお勧めです。これ以上安いと、ちょっと使いにくいかな?...っというギリギリのラインです。

  • 安い!
  • スポーツ自転車に必要な最低限の性能!

悪いトコロ

肝心なポンプ部分は金属製ですので、シッカリしていますが、それ以外の大部分がプラスチック製。バキッと割れない事を願います。

メーターの位置は上に合った方が見やすいですね。

  • プラスチック感!
  • メーターが低い!

 

あとがき

スポーツバイクには、必須中の必須!自転車とセットで買いましょう!

もう少しハイグレードなポンプを購入すれば、ポンピングが楽になるんですが、背に腹は代えられぬという事で、エントリーモデル。

でも、必要十分です。

 

後継モデルが出ました!

この記事で紹介したフロアポンプの後継モデルが出ているようです。

 

JoeBlow Max HP Ⅱ

TOPEAK(トピーク) ジョーブロー マックス HP 2 カラー:イエロー

TOPEAK(トピーク) ジョーブロー マックス HP 2 カラー:イエロー

 

コチラが現行モデルになります。



Copyright © 2016-2017 俺と自転車の全て。 All Rights Reserved.