俺と自転車の全て。

俺氏がロードバイクを買ってからの全ての記録





【2017からモビスターが被るヘルメット】ABUS「Tec-Tical Pro V.2」

ABUS

www.amazon.fr

ヘルメットの寿命は3年です。

あなたが今使っているヘルメットは、いつ買ったものですか?

もしかしたら、いざという時に衝撃を吸収出来ないかもしれませんよ。

ABUS「Tec-Tical Pro V.2」

ABUS「Tec-Tical Pro V.2」

カラーリングは「Race Red」で、サイズはM(54~58cm)です。

日本Amazonでの取り扱いはありません。

っと言うか、日本での取り扱いがありません。

www.amazon.fr

フランスAmazonにて46.51ユーロで購入しました。

 

内容物

中身はこんな感じ。

内容物

  • Tec-Tical Pro V.2(RaceRed)
  • バイザー
  • 説明書

 

日本未上陸!?

まずは、日本では売ってない事を話さなければなりません。

日本のABUS販売代理店では販売しておらず、フランスから取り寄せる羽目になってしました。

世界中のAmazonを漁っても、取り扱っていたのはフランスだけでした。

ただ、後述しますが、2017からプロロードレースで使用されているので、直に日本でも販売がスタートするかもしれません。

 

ネットで情報を見つけるのも一苦労

ABUSというのは、高い防犯性を持つロックで有名なあのABUSです。

ABUS HELMETS ALL PRODUCTS

リンク先は日本の代理店のホームページでのヘルメットのページ。

ヘルメットを作ってはいるんですが、Tec-Tical Pro V.2というモデルは存在しない…

アメリカのABUSホームページを見てみます。

ABUS.com/usa - Helmets

Tec-Tical Pro V.2というモデル、ありました。

でも、ボーラアルゴンのチームカラーしかありません。

今度は、イギリスのABUSホームページを見てみます。

ABUS.com/uk - Helmets

…ありました。

これの「Race Red」というカラーが、今回購入したヘルメットです。

ABUS.com/uk - Helmets - Tec-Tical-Pro-v.23/(variant)/13701

 

ニッチすぎる代物を購入した理由

何故、こんなニッチなヘルメットに手を出したのか?

答えはコレです。

ABUS becomes helmet and security partner of Movistar Team –

2017シーズンから、モビスターのヘルメットはCatlikeからABUSにチェンジしているのです。

どういうことかって?

単に、私がモビスターのファンだって事ですよ(笑)

チェンジしてなかったらCatlikeのヘルメットを買っていました。

それだけです。

ただ、今後ABUSが新たなプロモデルを開発するはずなので、モビスター選手と全く同じデザインというワケではなくなってしまうかもしれませんがね。

まあ、そんなのはいいんです。

憧れの選手と同じメーカーにしてみたかったっていう可愛い理由なんです(´ω`*)

 

べら棒に安く変えた件

フランスAmazonで、ABUS「Tec-Tical Pro V.2」単品を購入したんですが、その金額が何と46.51ユーロ

定価は158.20ユーロですから、おおよそ19,250円(購入時レート121円で計算)ですね。

購入金額を円に直すと、驚きの約5,660円です!

定価の1/4に迫ろうかという勢いですよ!?

フランスから日本までの送料が15.24ユーロ(約1,850円)でしたので、計61.75ユーロ(約7,510円、最終的には7,515円となりました)。

レート変動やクレジットカードの手数料などを見積もっても8,000円で足りちゃいます。

ん~、今見ると値段が上がってるんで、たまたま安くなった時に買えたってことなのかなぁ?

www.amazon.fr

なにはともあれ、ラッキーでしたv(^ω^)v

 

スペック

  • ホール数:31(in20、out11)
  • カラー:RaceRed
  • サイズ:M(52~58cm)
  • 実測重量:260g
  • 付属品:バイザー、説明書

軽いには軽いですが、特別軽量ではありません。

実測重量253g。

実測重量253g

超軽量ヘルメットだと200gを切って来ますからね。

サイズ調整機能も充実しています。

細かい調節機能

縦にも横にも微調整が利きます。

頭と接するクッション部は取り外して洗濯することができます。

 

サイドから見てみましょう。

サイド

後ろが発布スチロール丸出しになっていないのが好きです。

バック

真上から見るとこんな感じ。

真上

通気性の高そうな内部構造。

中

頭との接点をできるだけ減らそうとしているのが良く分かりますね。

 

レビュー

何が一番怖いかって言うと、「ネットで買ったは良いけど自分の頭に合いませんでした~テヘペロ♪」って自爆が一番怖い。

日本人と欧米人の頭の形状って異なるから、頭囲の寸法があっていても、フィットしないとこが多いんです。

だから、メーカーによっては「アジアンフィット」とか呼んで、横幅のあるタイプをわざわざ作ってたりするワケです。

欧米人とアジア人のと頭蓋骨の違い

出典:日本人の頭に合いやすいリアルアジアンフィットってことですね。 | サイクリングの楽しみ方を発信する、ワールドサイクルブログ

実店舗に有れば試着できるのですが、通販の場合、コレはもう、運命の巡り合わせでしかありません。

 

で、どうだったかと言うと、大丈夫だった!

私の頭がどちらかというと欧米寄りです。

別にイキってるわけじゃありませんよ(笑)

母親が欧米人型の頭をしてるので、それが遺伝しているようです(父親は完全なるアジア型)。

アジアンフィットって呼ばれてる様な横幅を広くしたタイプだと、その分余って手が差し込めちゃうので、アジャスターでフィットはするけど、合ったとは言えません。

普通のモデルの方がシックリ来るのは、嬉しい事です。

頭へのフィットは問題なしです。

 

良いトコロ

  • 調節機能が多くて自分に合わせられる!
  • 顎ヒモが涼しい!
  • 後ろまでプラスチックが覆ってるのがGOOD!

顎ヒモの長さ・位置、後頭部のアジャスターボルト、アジャスターボルトの高さと、ヘルメットで考えられる最大の調節機能が盛り込まれています。

顎ヒモは、メッシュ生地が使用されていて、軽量&通気性抜群です。

全体像

Y字に分岐する分岐点もシートベルトを止めとくアレみたいな、しっかりした構造になっています。

顎ヒモのバックルが痛くならないように、クッションが付いています。

バックル

単なる好みなんですが、ヘルメットの後部も発布スチロールの外側がプラスチックで覆われている方が、私は好きです。

デザイン的に好きだというのもありますが、後頭部にあるアジャスターをいじる時に爪が当たって発泡スチロールに傷を付けてしまう心配がないのです。

 

バイザーは使わないのでいりません。

バイザー

 

悪いトコロ

  • 日本での取り扱いがないから、購入前に試せない!
  • 260gって重くないっすか?

日本で取り扱いがない。

商品紹介やってて、その商品が入手しにくいって…キテレツですね(;'∀')

人を選ぶヘルメットを購入前に試すことができないのは、大きなマイナスポイントです。

強いこだわりがない限りは、お店で試せるものの中から選ぶのが賢い選択です。

 

ヘルメット自体のウィークポイントは重量です。

この価格(約2万円)だったら、230gぐらいにしてほしかったなぁ。

超軽量モデルは200gを切る世界ですし、260gはハッキリ言って普通です。

250~300gが普通の重さと呼べるんじゃないでしょうかね。

ヘルメットは、ずっと頭に乗っけるモノですから、できる限り軽い方が首や肩の疲労を抑えることができます。

 

あとがき

こんなにも入手しにくんなら、日本でこのヘルメットを持ってるのは、私だけなんじゃない!?

…っていうような、優越感には浸れますね(笑)

 

問題なく使用できるので、一安心。

落車しておジャンにするか、ヘルメットの寿命(3年)が尽きるか、どっちが先でしょうかね?

寿命が尽きるまで、無事故で楽しく自転車に乗って行きたいものです。

www.amazon.fr



Copyright © 2016-2017 俺と自転車の全て。 All Rights Reserved.