俺と自転車の全て。

俺氏がロードバイクを買ってからの全ての記録





【必要?】自転車に保安装置としての「ベル」役立たず問題

自転車のベル

自転車は車両。車と同じである

これは、ここ数年で大分認知されてきました。良くも悪くも…です。

いくら自転車が車両であっても、車と同じであるワケがありません。そんな中のひとつが「警音器」です。自転車の「ベル」です。

この件に関して、深く見て行こうではありませんか。

今日の議題

自転車に保安装置としての「ベル」役立たず問題

いわゆるママチャリには必ずついています。しかし、スポーツバイクにはついていない事が多いです。「道路走るならつけてくださいね。義務なんで!」と反射板とセットで言われます。 ...当たり前です。法律ですから。   

一般論

安全のために、警音器(ベル)を自転車に付けなくてはならない。

日本には、こんな法律があります。

第54条 車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。

1 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。

2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

(罰則 第1項については第120条第1項第8号、同条第2項 第2項については第121条第1項第6号)

コレは、車で言ったら「クラクション」、自転車で言ったら「ベル」の事を定めています。

要は「自転車も警音器(ベル)を装着して、必要なときに鳴らしてね?それ以外は鳴らすなよ?」ってことです。

でも、これは車を前提としたルールで、自転車の事は全く考えられていません。厳守しようものなら、逆に危険になる場合だってあります。

 

私の意見

自転車に警音器(ベル)なんて無意味な物を付ける必要な無い。

義務化する必要はないと思います。付けたい人が付ければいい。スポーツバイクを趣味にしている人ならわかるでしょうが、スポーツバイクってハンドル周り狭いんです。色々、機材をギシギシに付けないといけないので、そんなトコロに存在価値のないベルに鎮座されてはいい迷惑でしょ。

 

そう思う理由

  • 邪魔
  • 危険なら「リンリ~ン」じゃなくて、ブレーキ握って止まれよ
  • 鳴らしたところで、車の運転手には聞こえない

実際に使った試しがないですわ((((oノ´3`)ノ

 

具体例

町中の場合

急な飛び出しがあって出会い頭に衝突しそうになったら、どうしますか?

車だったらクラクション叩いてブレーキ踏んづけますね。

自転車だったら?リンリン鳴らしながらブレーキ?両手でガッシリ制動力働かせてくださいよ。

鳴らしたとしても、音小さいし。車だったら聞こえません。

 

さらに…

歩行者に向かって「そこのけベル」をやってませんか?

「そこのけベル」ってのは私が勝手に作った言葉ですが(笑)

歩行者を退かすためにベルを鳴らすと、2万円以下の罰金ですよ!?

ま、誰も守らないし、警官も注意すらしません。

自転車のおばちゃんが商店街通り抜けるのに、一体何十万落とすんでしょうかね?

税金巻きあげる前に、そうゆうトコロからお金拾ってった方がイイんじゃないの?って思ったり(゜.゜)

歩道にも通行可能と不可能なトコロがあります。

自転車及び歩行者専用道路

「自転車及び歩行者専用道路」の標識です。

コレがないと、自転車の歩道走行は許されていません。

誰も気にかけてないですが…

 

そして...

歩道は歩行者優先で右側通行の徐行運転を徹底しましょう。

飛ばしたきゃ、車道に出てください。私は歩道なんか怖くて怖くて...絶対に走りたくありません。

 

視点を変えて、もういっそのこと…

歩行者除けにベルを鳴らしまくるのを認めませんか?

法律で禁止してる現在だって、ないも同然の扱いを受けている決まり事です。

ベル装着を任意性にしてさ、ついでに歩行者除けOKにしてさ。

そうすれば、自転車好きもwin。

対人事故も防げてwinwinです。

 

峠道の場合

都会だと目にする機会がほとんどないですが、山奥や田舎を走っていると、たま~~にこんな標識が立っているそうです。

警笛鳴らせ

「警笛鳴らせ」の標識です。

見通しの悪い所などに立ってるそうなんですが…

 

「リ~ン」...って聞こえないよっ!!(; ・`д・´)

 

私の場合は見たことも無いしね。

 

有効利用

ズバリ、「クマ除け」です!

山奥なんかを走っていると、クマと遭遇することが無きにしも非ず。

人気のない山中です。多少リンリンしてても、苦情が来ることはないでしょう。

クマ

ばったり鉢合わせ!な~んて事があったら、明日を迎えるられるかどうか...一目散に死に物狂いでダウンヒルしてください。

クマの最高速度は60km/hです。ダウンヒルで飛ばせば逃げ切れます。

 

クマ除け代わり...むやみに警音器を鳴らす行為に当たりますので、厳密には道路交通法違反となります。

また、クマに会わないという保証をするものでもありません。

実際に行う場合は自己責任でお願いしますm(__)m

 

あとがき

日本は古来から外国から分離し、独特の価値観や文化を気付いてきたといわれています。

アニメや漫画など、ジャパニーズサブカルチャーが世界を斡旋するのも「日本独特」という感覚が大きく関わっているのではないかと思います。

そう考えてみると「自転車のベルで歩行者に道を開けさせる」というのも立派な「日本独特」の文化です。

海外では、そもそもベルをつけていなかったり、ましてや歩行者除けに使用するなんてことはしません。

 

ネタ動画ではありますが、YouTubeで面白い動画を見つけたので載せておきますね。

www.youtube.com

歩行者をどかす為にしか機能しないアイテムなんだから、装着を義務化してる意味があるのか疑問です。

しかも、鳴らすことのできるハードルが異様に高い。

世間の正しい法律認知も無いのだから、泣けてきますね。

 

法律もバカ。

世間もバカ。

 

これが現状です。 

 


 

この記事は、反社会的行動や違法行為を推奨・助長するものではありません。



Copyright © 2016-2017 俺と自転車の全て。 All Rights Reserved.